一汁一菜にする勇気

土井善晴さん好きなので、やっぱり憧れる一汁一菜の生活。

私の母は内職をしていたので常に家にいました。なので当たり前に一汁三菜、それ以上の食卓で育ちました。
結婚してからも三品くらい出すように心がけていました。
ですが子供が増えるにつれて食事作りが負担になり、どんぶりもので済ますことも増えました。
心のどこかで罪悪感とか後ろめたさを感じつつ、それでも時間がないから総菜買ったり。
そうやって忙しい毎日を乗り切ってきました。

だけどね、土井さんの提案する一汁一菜に憧れちゃうんですよ。
具だくさん味噌汁があればいいじゃん!って。
ハレとケだよ!ケのごはんは質素でいいんだよ!って。

実践したいけど、実はうちの子供たちはあまり味噌汁を食べません。毎日作ってたけどやめちゃったくらい。
うちには一汁一菜なんて無理よね、なんて諦めてました。
でもやっぱり捨てきれず・・・実践してみることに。
そこで今日の献立はこちら。

1551361247674.jpg

・たくあんとじゃことごまのおにぎり
・じゃがいもにんじんネギレタスベーコンのコンソメスープ
・もやしのナムル
・茹でブロッコリー
・卵焼き(子供のみ)

ほんとは味噌汁作りたかったんですけど、あまりに味噌汁作らないからお味噌の期限が切れちゃってたんですよ。
なので急遽コンソメスープ。しかも玉ねぎもなかったから白ネギで代用。
おにぎりは市販の何かを混ぜようと思っていたんだけどそれも切らしちゃってました!そこでたくあんを刻んでじゃことごまを入れました。これ、すごくおいしいと思うんだけど、たくあんの固さが主張しすぎるというか・・・ちょっと口の中で邪魔な感じもします。味はいいのよ。
卵焼きは、牛乳があったのでちょっと入れて、味付けは普通に砂糖です。だし巻き好きなんですけどコンソメスープだしなーと、普通の甘いやつに。卵4個分作ったけど、子供たちが全部食べました。
作り置きのもやしのナムル、茹でブロッコリーがあったので、厳密に一汁一菜ではないですが・・・それでもだいぶ質素です。
質素というか・・・夕食に卵焼きを出すことなんてないので、ちょっと罪悪感。

しかも材料がないやん!って、変更した部分も多いので、ちょっとちぐはぐな感じです。
それでも子供たちはおにぎりを自分で作って大満足、スープも食べてくれました。
平日の夕食はこんなもん、というのを定着させていけばいいのかなー?
習慣や思い込みを変えるのはすごく勇気がいるなーと思います。





ポチっとしていただけると励みになります。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
関連記事

テーマ : 料理日記
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

Secret

プロフィール

まねきねこ

Author:まねきねこ
地方在住のアラフォーです。

*家族構成(2019年1月現在)*

 平日は出張で不在

 フルタイムワーママ
長女 たつ子
 辰年生まれの6歳(年長)
 スイミングとピアノを習い中
次女 うま子
 午年生まれの4歳(年少)
 スイミングとピアノを習い中
長男 さる男
 申年生まれの2歳

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告