夫の長期出張を乗り切るために、こだわりを捨てました

突然の、夫の長期出張

元々夫の帰宅は23時頃が多いのであまり頼れませんが、それでもいるのといないのとでは大違い。家事全般出来る人なので、私が寝落ちてたらフォローしてくれるし、朝は私より遅く出るので掃除機かけてくれたりしました。そのおかげで何とかやってこれました。
しかし、夫が長期出張になり、平日は全く不在になりました。
ちなみに子供は1,3,5歳の時でした。
平日の夜はいつもいないし、そんなに変わらんやろ♪と思っていましたが、実は結構変わりました・・・

今まで超多忙の中、お風呂掃除、掃除機かけ、ゴミ捨てをやってくれていた夫。
もちろん夫が普通の出張だったり、忙しすぎて疲労困憊の時なんかは私がやってましたよ。でも毎回じゃない。
これら夫がやってくれる家事は決して「きちんと丁寧に」ではない。やってない事も多々ありました。
お風呂掃除は浴槽だけ、掃除機はリビングだけ。それでも「ある程度やってくれてる」だけで本当に助かっていました。

その夫がいなくなり、一人であれこれ全部やらなきゃ!と頑張っていた結果・・・なんと夜な夜な蕁麻疹が出るようになってしましました・・・。ストレスですね。ゴミ捨てひとつ頼めない、というのは想像より大変でした。
次女がちょっと難しい時期だったのと、自分もいっぱいいっぱいだったのが重なって、我が家はいつも険悪ムード。そして子供たちも辛そうな悪循環。カリカリカリカリしてた記憶しかないです。

義実家に頼って軌道修正

ある時限界を感じ、義実家にお世話になることにしました。
実親は県外におり、全く頼れません。
そして義実家とは良好な関係で私と子供だけで泊まることもありました。だからこそ出来たことです。

1週間ほど義実家に身を寄せ、ごはんを作って貰い、洗濯もして貰いました。
私は仕事に行って、義実家に帰って子供たちと戯れ、保育園の準備してお風呂に入れるだけ!という贅沢をさせてもらいました。
ゆっくり過ごしてたら1週間で蕁麻疹は出なくなりました。
やたら泣き叫んで手が付けられなかった次女も少し落ち着き、自分の家へ戻ることにしました。

捨てたこだわり

また同じことを繰り返してはいけません。
だから私は、よりズボラになることにしました。
抜ける手は全部抜くのです。
  • 〇〇の素をもっと使っていい
  • スーパーのお惣菜を買っていい
  • 品数が少なくても、丼だけでもいい
  • 足りなかったら「特別よ」とか言いながらデザート出せばいい
  • 平日でもほか弁マクドOK
  • 掃除はロボット掃除機を買って任せる
  • トイレ掃除は毎日しなくていい
  • 洗剤類とかドラッグストアに行かなくても、少々割高でもスーパーで食料品と一緒に買えばいい
列挙するととてつもなく小さなことばかりですね。こだわりというほどのことでもないかもしれない。
でも全部ちゃんとしようとして、ストレス抱えたのも事実なんです。

長期出張開始から半年以上が経ち、さすがに私も慣れてきました。
だから今は総菜を多用しなくても何とかなってます。むしろ夫がいない方が、常備菜が減らずに何日も持つとか、洗濯物が少ないとか、楽な面もあるんですよ実際。
こうやってブログを書く余裕も出来ました。

でも、慣れないうちは、しんどい時は、「お腹が満たされたらOK」「不潔な環境でなければOK」「ま、いっか」の精神で適当にやり過ごせばいいんです。

1つ2つのこだわりを守ればいい

私は主に食事面のこだわりを捨てましたが、唯一守ったものがあります。
それは「毎日掃除機をかけること」
ロボット掃除機を購入したので自分でかけることはなくなりましたが、毎日掃除機かけてることに違いはありません。
猫を飼ってる以上、これは譲れないです。だからそこにはお金をかけて解決しました。
自分が心地よく生きるために、最低限のこだわりだけ守るといいんです。
それ以外は適当で。どうせこんなに子育てで目が回るような時間はあと数年で終わるんですから。



ポチっとしていただけると励みになります。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
関連記事

テーマ : 働く母のつぶやき
ジャンル : 育児

コメントの投稿

Secret

プロフィール

まねきねこ

Author:まねきねこ
地方在住のアラフォーです。

*家族構成(2019年1月現在)*

 平日は出張で不在

 フルタイムワーママ
長女 たつ子
 辰年生まれの6歳(年長)
 スイミングとピアノを習い中
次女 うま子
 午年生まれの4歳(年少)
 スイミングとピアノを習い中
長男 さる男
 申年生まれの2歳

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告